「無料登録アフィリ」で発生する「継続収入」に興味ありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック

Yuwie(ユィエ)で仲間作り!Yuwieは広告料の分配を得られる新型SNS

稼げるSNSサイトYuwieを日本語でSNSの説明からアカウント作成・登録方法まで詳しくわかりやすく解説しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アフィリエイトで効果的に稼ぐ方法

先日、友人から、
アフィリエイトで売り上げを上げるノウハウを聞いてきました。

とてもためになったのでここでその情報をシェアしたいと思います。


その友人によると、
アフィリエイトの販売戦略には3つのステップがあるそうです。


最初のステップはコミッションの出し惜しみをしないことだそうです。
コミッションの出し惜しみはアフィリエイターのモチベーションを
大きく下げてしまいます。


考えてみれば昨日まで知りもしなかった人の商品を紹介するわけだから、
アフィリエイターをつき動かすかなりの動機が必要ですよね。
だから、コミッションというのはとても大きな動機なわけです。


次ののステップはとにかくアフィリエイターを集めること。

アフィリエイトを使って売上を伸ばすには
1000人くらいはアフィリエイターの数を揃える必要があるみたいです。


数を揃えるにはコツがあって、2ティアという仕組みがとても有効だそうです。

2ティアとはアフィリエイターが誰が別のアフィリエイターを紹介することが
できて、もし紹介したアフィリエイターが何か商品を売った場合に
さらに追加でコミッションをもらうことができる仕組みです。

簡単に言うとお友達紹介キャンペーンみたいなやつです。


これだと、自分は何もしてないのにコミッションをもらえるようになるので
とても嬉しいですよね。

ここでも2ティアコミッションを多めに出してあげるのが
アフィリエイターをたくさん集めるコツだそうです。


最後のひとつは広告ツールを提供することだそうです。

これをしない広告主はとても多いみたいなんですが、
実はこれが一番重要だそうです。


なぜかというとアフィリエイターというのは面倒くさがりな人が多いらしくて
(だいたいの人が副業でやってるわけですから当たり前なんですが。。。)

コミッションを吊り上げても動かない人が多いそうです。

こんな人を動かすには、いつでも使える広告ツールを提供すると効果的。


広告ツールとはいわゆる広告文例集です。
・メール広告
・ブログ記事
・3行広告
・記事風広告
などです。


考えてみればコピペできれば記事を考える手間が省けて
なおかつ、アフィリエイターよりも商品知識のある広告主が
提供してくれるものなので自分で書くよりもいいものに違いないわけです。


面倒ですが、これを提供するのとしないのでは
アフィリエイターの動きに大きな違いができます。


でも、この戦略でアフィリエイト・マーケティングを行うには
一般的なA8やインフォトップなどのプロバイダが提供する
アフィリエイトシステムではだめらしいです。


理由は最も重要なアフィリエイターとの
コミュニケーションが取れない・取りづらいから。


こういったアフィリエイトシステムはアフィリエイターに
商品を紹介するのにお金がかかる上に、他の広告主の商品が
次から次から紹介されるのでアフィリエイターに自分の商品を
覚えてもらうことができないそうです。


そこでこの友人は、これらの問題をクリアした
独自アフィリエイトシステムを使っているそうです。


この独自システムだと、一度獲得したアフィリエイターには
何回でもメールを送ることができるし、
アフィリエイターのメンバーシップサイトが作れるので、
キャンペーンなんかも簡単にできるようです。


そして、一番いいのは自分の出したメールが
他の広告主のメールに埋もれないということと、
一度獲得したアフィリエイターが自分のリストになることだそうです。


ちなみにそのシステムはこれです。
>>独自アフィリエイトシステム
スポンサーサイト

| 日記・Blog・ビジネス情報 | 11:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

当サイトに掲載された文章・画像・データの無断転載を禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。